アロートップ

写真 ① 種子は直径が8~10mmほどでほぼ球形をしています。枝豆として食べるときにはだ円形ですが、すっかり乾燥すると球形になります。

写真 ② 子葉が2つに分かれ、その間から根と本葉がのびます。

写真 ③ 本葉です。ふた葉はつるんとしていますが、本葉には細かい毛が生えてざらざらしています。2つずつ対になるように葉をつけます。

真 ④ 草たけが15cmを超え、葉の数も多くなりました。ダイズは倒れやすいので、土寄せをして防ぐことが大切です。

写真 ⑤ 草たけが50cmほどに育ちました。たくさんの葉がつき、すきまがないように育つと、風で倒れることが少なくなります。

写真 ⑥ つぼみふつう葉のつけ根から数本の花茎をのばし、その先につぼみが1つずつつきます。ときには茎にふくらみができ、そこにつぼみをつけることもあります。

写真 ⑦ 白い花がほとんどですが、うすい赤紫色の花を咲かせる品種もあります。直径が5mmほどと小さな花は、マメ科植物特有の蝶形花です。

写真 ⑧ 長さがが2cmほどに育った小さな実でたくさんの毛が生えています。さやと呼ばれる実にはまだ厚みがなく、中の種子はふくらんでいません。

写真 ⑨ 長さが7cmほどに育ち、もうこれ以上長くはなりません。これからは種子をふくらませ厚みを増していきます。

写真 ⑩ まるまると太った種子がさやの中に入っていることが、外から見てもわかるほどに育った実です。このころ収穫して食べるときには、ダイズと呼ばずに枝豆と呼びます。