アロートップ

写真 ① ながさが1cmをこえる大きな種子で、種子の役割や子葉の働きなどの学習によく使われます。品種によって色やもよう、大きさや形がさまざまです。

写真 ② 種皮を脱げば、子葉はそのままの形で広がります。地中で2つに割れた子葉の間から本葉がのび始め、地上におしだされたときには子葉と本葉がほぼ同時に広がります。

写真 ③ 大きな本葉がひろがるころには背たけは10cmをこえます。2枚の葉の先から先までは15cmにもなり、2枚きれいに広がるのでふた葉(子葉)とまちがえやすいです。

真 ④ 背たけが30cmほどに育った、つるなしインゲンの苗です。この後、茎の上の方にたくさんの枝がつき葉の数はぐんとふえます。

写真 ⑤ 背たけは50cmをこえ大きく成長したつるなしインゲンです。葉のつけ根の所につぼみをたくさんつけるようになり、次から次に実を結びます。

写真 ⑥ 支柱を立てて2mほどの高さになるように育てたつるありインゲンです。あとは、たくさんの花が咲いて実ができるのを待つばかりです。

写真 ⑦ インゲンマメの花の色はいろいろで、白いものが一番多いのですがオレンジ色やうすい赤紫色のものもあります。マメ科特有の形で蝶形花とよばれ、大きくて美しい花です。

写真 ⑧ 結実してまだ日の浅い小さな花です。ながさは1cmほどで、毛の生えた実の先にはまだ花びらがついています。

写真 ⑨ 8cm~10cmほどの長さに成長し、食べごろが近づいた実です。長さが12cmをこえるとかたい実となってしまいます。