アロートップ

写真 ① 種子はクリーム色で平たくて、やり先のような形です。長さ7mm幅3mmほどの大きさで、メロンの種子とほとんど同じです。

写真 ② 子葉のつけ根はへこんでいますが、卵形をしています。葉ははっきりとした葉脈があるウリ科らしい姿で、大きいものは1枚の長さが5cm近くにもなります。

写真 ③ この苗ほどに育ったものが、園芸店でよく売られています。キュウリにはこの後、支柱を立てて立ち上がらせるものと、そのままにして地をはわせるものの2種類があります。

真 ④ 畑では支柱を立て、画像のようにたくさん並べて育てられています。つるの長さが1mほどになり、そろそろ実がつき収穫できるようになります。

写真 ⑤ 葉のつけ根につくお花は、直径が3cmほどの黄色い花で6枚の花びらを持つように見えますが、もとの所でつながった合弁花です。

写真 ⑥ め花はやがて実になる小さなキュウリ(子房)の先につきます。子房の長さは4cmほどで、受粉しなくても実になるものがあります。

写真 ⑦ 実は品種によってとげの目立つもの、つやのあるものさまざまです。実の長さが15cmをこえたぐらいのときが食べごろで、20cmをこえると中の種子が目立つようになりおいしくなくなってしまいます。