アロートップ

写真 ① 直径が3~4mmで、ほぼ円形をした平たい種子です。おせんべいのような厚みのない黄色い種子には、実とつながっていた部分が鳥のくちばしのようについています。

写真 ② 先のとがった細長い子葉は、つやがあってきれいな緑色をしています。同じ仲間のナスやトマトの子葉と形が似ています。

写真 ③ 背たけが10cmほどになって数枚の本葉がつきました。トウガラシやシシトウとほとんど同じ姿です。

真 ④ 背たけが25cmほどに育ちました。若い苗のときには1本立ちしてスマートですが、成長すると株を広げてこんもりとします。背たけが80cmほどにまで育ちます。

写真 ⑤ 直径が1.5cmほどの花は、先が5~7つに分かれています。花びらが何枚かあるように見えますが、つけ根のところはつながっている合弁花です。

写真 ⑥ めしべの先がまだ残っている実を結んで間もない小さな実です。

写真 ⑦ 実はたれれ下がるようにつきます。ふつう緑色をした若い実を食用にしますが、最近では完熟させた赤や黄色の実も食用にします