アロートップ

写真 ① 種子は長径が6~8mm、短径が5~7mmのほぼ球形で、つやのある茶色でふっくらとしています。

写真 ② マメ科の発芽ではよくあることですが、土の中で子葉が2つに割れ、間から幼芽がのびて本葉が成長しはじめました。最初に開くのはふた葉ではなく本葉です。 。

写真 ③ 大きなスペード型の本葉が2枚開き、子葉が開いたかのように見える小さな苗です。次に出る葉からは、1つの葉柄に3枚の葉がつく三出複葉です。

真 ④ つるをのばしはじめました。背たけも20cmほどになり、支柱が必要なころとなりました。

写真 ⑤ 花はうす紫のきれいなマメ科らしい蝶形花です。実は大きいのですが、花はエンドウの花とよく似ていますが、やや小ぶりで丈夫そうにみえます。

写真 ⑥ 実を結んでまだ日の浅い若い実です。小さいうちから大きくなったときの実の姿とほとんど同じで、4枚のぎギザギザしたなひれのようなうすいまくが、この豆の特徴です。

写真 ⑦ 実の長さが10cmになった食べごろの実です。