アロートップ

写真 ① 小さな花にしては大きな種子です。三角すいの形をした矢じりのような種子には、よく見るともやもやしたもようがあります。

写真 ② 角ばった種子ですが、中からは丸味のある葉や茎が顔を出します。比較的発芽しやすく、種子をまいて1週間もするといっせいに芽を出します。

写真 ③ ソバは茎が長くなるのがはやく、芽を出してから1週間もしないうちに背たけが5cmをこえるようになります。

真 ④ 本葉が数枚出て、草たけが10cmほどに育ちました。葉の大きさのわりに茎は細く、たよりない感じです。

写真 ⑤ 背たけが50cmほどに育ちました。茎が細く倒れやすいので、何本もまとめて育て1つの株のようにします。

写真 ⑥ ソバ畑のようすです。葉の形こそ違いますが、イネやムギの畑に似たような感じがします。

写真 ⑦ すっとのびた茎の先に、白、または白に薄い赤の混ざった色の花をかためてつけます。花といっても白い色をした部分はがくです。

写真 ⑧ 1cmに満たない花の大きさに比べ、とても大きな種(実際には果実またはそう花という)が下向きにぶら下がるようにつきます。果皮をむくと中から大きな種子が1つ出てきます。