アロートップ

写真 ① 黒くてつやのある種子は、長径が1cmほどで卵形をしています。

写真 ② 子葉をおおっていた種皮が取れると、長さ1cmほどの大きさの葉をひろげます。子葉は成長して、1枚が3cmをこえる大きさになります。

写真 ③ 本葉にはたくさんの切れ込みがあり、小さいころの本葉はアサガオの葉に似ています。この後、地をはうように茎がのびます。

真 ④ つるを長くのばした大きな苗です。畑一面につるがひろがるように、つるののびる向きをそろえます。

写真 ⑤ ヘチマやキュウリと同じウリ科のスイカは、お花とめ花を咲かせます。直径が2cmほどの花の中央にかたまるようにおしべがついています。

写真 ⑥ め花のつぼみです。花のつけ根にスイカのもととなる球形の子房がついています。よく見るともうたてにしまもようがあります。

写真 ⑦ 直径が10cmほどの大きさに育った実です。比べるものがないと大きな実のように見えるほど、熟した実と同じ姿をしています。

写真 ⑧ 収穫を間近にひかえた大きな実です。花が咲いてから50日ほどで収穫できるようになります。大きさ形はは品種によってさまざまで、2kgほどの小型のものから20kg近くもある大型のものまであります。