アロートップ

写真 ① 種子は、直径2mmほどのしずくのような形でうすくて平らです。細かい毛が生えているために白っぽく見えます。

写真 ② 細長い子葉が開きます。細かい毛のたくさん生えた葉は、うすくてはっきりしない緑色です。仲間のナスと似ています。

写真 ③ 切れ込みのたくさんある羽状複葉と呼ばれる本葉が出ました。茎はとても折れやすく、背が20cmをこえると自分では立っていられなくなります。

真 ④ 実がつくほどに大きく育った株です。大きく太くなっても茎は折れやすく、それでいてぐんぐん長くのびます。そのため、育てる枝を数本決め支柱でしっかり支えて育てます。

写真 ⑤ 花は先がとがった黄色い花びらが5~6枚あるように見えますが、根元のところでは1つにつながった合弁花です。1か所にいくつもつくため実もまとまってつきます。

写真 ⑥ 実は熟すにしたがって色を変え、最後には真っ赤になります。枝につけたまま赤く熟すと柔らかくなりすぐつぶれてしまうので、うす赤いうちに収穫して出荷することがほとんどです。

写真 ⑦ 実は熟すにしたがって色を変え、最後には真っ赤になります。枝につけたまま赤く熟すと柔らかくなりすぐつぶれてしまうので、うす赤いうちに収穫して出荷することがほとんどです。